前へ
次へ

医療保険の内容をきちんと確認しておこう

医療保険の内容をきちんと確認しておくことは大切で、特に先進医療への対応が対象になっているかがポイントになります。
最近医療保険にはほとんど先進医療に関する保障がついていて、先進医療に関する保障は最先端医療を受けることができるものと考えがちですがそうではありません。
健康保険制度と関係しており、現在健康保険制度では自己負担率が3~1割になっています。
自由診療や保険適用外診療を受けた場合は全額自己負担が基本になります。
この例外が先進医療のことで、先進医療として認定される治療の場合は技術代が10割自己負担になりますが、それに伴うような入院といった費用は3割で対応することが可能です。
従来の医療保険の場合、先進医療が内容として含まれていないことがあり、先進医療保障に含まれる手術もその都度変更されていました。
先進医療保障を求めるのであれば、保障内容を見直してみて対象として含まれている商品を選んでおくと安心です。

Page Top