前へ
次へ

年齢に応じて医療保険を見直すと便利です

年齢に応じて医療保険を見直すことにはいろいろなメリットがあり、例えば保険料の支払い金額を下げることが可能です。
一般的に定期型医療保険の場合、10年毎に更新時期がやって来る仕組みになっています。
保険料は疾患になるリスクなどに応じ金額が増えることになるので、年齢が上がると同時に保険料も上がります。
20~40代はそれほど上がりませんが、50代になるとかなり金額が増えていく傾向があります。
60代以降になると毎月の保険料を支払うことは難しいという人は多く、高額になった保険料を払えなくなったり解約する人も多いでしょう。
老後に備えた保険料の支払い方法として、定期型医療保健を見直し終身型医療保険などに切り替えることをおすすめします。
40代では終身型医療保険は定期型医療保険と比較すると、1.5倍~2倍の保険料になりますが保険料が変わらないという特典があげられます。
例えば毎月1万円を定期型医療保険で支払っているなら、2万円の終身型医療保険に切り替えると良いでしょう。
毎月2万円に抑えることができるので、70代になって高額な保険料を支払う状況を予防することが可能です。

Page Top