前へ
次へ

医療の分野にIT技術が参入して効率アップ

医療の現場では、いつも人手不足や激務が問題になっています。
医師や看護師といった仕事は国家資格のため、誰もが簡単になれるわけではありません。
それに今は高齢化社会が進んでいて、病院にはひっきりなしに患者が詰めかけています。
そこで、医療現場のピンチを救うのがIT技術だと言われているのです。
一般企業では業務連絡にチャットツールを使ったり、在宅勤務でもクラウドへアクセスして仕事ができますが、病院ではとにかく業務がアナログです。
院内の連絡や報告にPHSやFAXをつかい、効率的とは言えません。
また病院内のシステムも、内部アクセスしかできないためリモート勤務ができない状況です。
このような自動化がなかなか進まない医療機関にも、最近になってIT技術が導入されるようになってきました。
医療機関専門のソフトウェアの開発や、治療のためのアプリ開発も進んでいるのです。
患者と向き合う業務はそのままに、自動化できる部分は自動化し、効率的な医療が期待されています。

Page Top